2008年03月12日

〜道のり〜6

久々の更新で申し訳ありません。たらーっ(汗)

ホームページリニューアル

に伴い書くことになったブログです。

皆様に一番近い場所になるように

そんな気持ちで書こうと思って

はじめました。

だから、こんな事をやってちゃいけません。

気合入れてがんばります。exclamation×2(前回と同じです。。。)

それでは、本題へ
今回のお話は、テナントビルの漏水です。
20年以上を経過するビルで漏水が発生しました。

結果は、上階排水口のトラップからの不具合でした。

IMG_0032.JPG


今回の内容は少しいつもとは違い
このビルでの調査は2回目です。

1年前に別の部屋が漏れていて、
その際に、当社にて上階排水も散水調査を実施致しました。

その際は不具合確認されず、別の原因によるものでした。

その為、今回の原因は清掃員の方、もしくはテナント様の過失があったのではないか?
と感じました。

実際にもう少し様子を見られては?とお客様へ申し出ましたが、
やはり以前の調査のことも有り、お客様からご依頼頂きました。

当時の漏水状況も漏れが少なくすぐ止まった。
とのこともあり、疑いながらの検査でした。

いざ調査に入ってみると排水後すぐに漏れが発生しました。

排水量はコップ一杯ほどです。

その漏れる量が半端じゃないので排水口を確認すると
劣化で穴が開いておりました。

この検査後に推測で判断するものじゃないと
改めて感じました。

推測や先入観を捨てようとがんばっていますが、
なかなか難しいのが現実です。

だからこそ、原因の特定が、調査が必要だと言う事も
改めて実感致しました。

又1つ勉強になった検査でありました。

追記
ホームページが完成間近です。

トップに入れてもらうようお願いしました。

本体に負けないよう盛り上げていきます。

完成次第乗っけますのでよろしくお願い致します。

では、ちかじか更新します!!

またです。







posted by 雨漏り検査 at 17:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。