2007年11月10日

〜道のり bP〜

先日雨漏れ調査に行ってきました。
今回は、雨漏れをしてから補修を実施しており、再度雨漏れが発生していないか?
補修が完了しているか?
という確認の為、調査をご依頼頂きました。
こういった検査のご要望はけっこう多く、又、残念ながら調査にて雨漏れが確認される事が。。。。
今回は、鋼鈑屋根縦はぜ葺きの屋根で鈑金仕舞と成っていました。
調査の結果は、やはり雨漏りが確認されました。
ハウスドクター工法
調査にて確認された雨漏れは以前からの漏水箇所ではなく、検査によって新たに確認されました。おそらく台風や大雨の時には気づかず、年数を経過するとカビ・クロスの捲れ・シミが発生してから気づくという例です。
今回の雨漏れ調査により早期発見されました。


posted by 雨漏り検査 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。