2008年04月19日

シメール

(カイケツ王子の一言)
雨の多い季節になりました。
大阪は天気も悪く、先日の雨で「雨漏りしたたらーっ(汗)」との連絡。
忙しくなりそうですあせあせ(飛び散る汗)

(本題 耐震装置 シメール )
今回は耐震についてです。

当協会の全国雨漏検査協会本部 谷村先生が開発された耐震装置で建物家が震動を受けるたびにボルトが締まっていく
画期的な装置 シメール です。

無題.bmp

木造住宅は年数を経過すると、少なからず木痩せが発生し、組み合わせ部分に隙間が発生してしまいます。

そんなときにこのシメールを付けているとボルトがどんどん締まっていき、外壁ひび割れの発生を緩和させる=雨漏りを防ぐ
というような効果が得られます。

耐震金物で一度大きな地震を受けると曲がってしまい二度目の地震が来たときには効果が無い・・・・そんな物も少なくありません。

そんな心配もシメールには無く安心です。

様々な効果についてもまだまだ、勉強不足で
詳しくは、こちらシメール にてご確認下さい。


この様々な発想が、家を強く、快適にしている。

お家の購入、建替えをご検討の方はお勧めいたします。





posted by 雨漏り検査 at 11:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
弊社開発商品の「シメーツ」をご紹介頂き、有難くお礼申し上げます。今後とも宜しくお願い致します。

 大阪府立大学大学院の教授3名(機械2名航空宇宙1名)にて「トルクシメール」の有効性を立証してくれる事になりました。

 益々、公的機関での信用が増してきます。一般住宅にももっと採用されれば嬉しいのですが?
Posted by 谷村設計 at 2008年04月22日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。