2008年05月03日

〜道のり bX〜

(カイケツ王子の一言)
ゴールデンウィークですね
皆様いかがお過ごしでしょうか?
わたしは。。。。。
仕事をしております。。。。
うれしいやら、悲しいやらあせあせ(飛び散る汗)

(〜道のり bX〜)
今回は、木造2階建ての検査でした。
新築でまだ一年足らずの物件で、以前から何度か調査の依頼を頂いており、至急調査お願いしますと連絡を頂きました。

やはり工務店さんにて散水調査を実施した様ですが、原因の特定が出来きなかった。との事

散水しても全く漏れて来なかったそうです。


早速調査を開始

原因は外壁ヘアークラック(小さな亀裂)からでした。
ちょうどサッシの左上に入っていた為、サッシ廻りの防水仕舞の不具合が考えられます。
不具合の原因の追求は工務店さんにて実施するとの事。
判明次第紹介できればと思います。


紫外線照射発光テスト確認(ハウスドクター工法)
IMG_6177.JPG
ラベル:雨漏り 調査
posted by 雨漏り検査 at 15:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 水掛検査は、同じでも検査液で見るのと、水道水のみとの原因判明の違いが出た様ですね。

 工務店もこの検査法方(HOUSE、Dr!工法)の確かさをご理解いただける事になり、幸いですね。

 事務局にもJIOで3回検査して雨漏り原因予想の所を直しましたが直らないので、JIOに貴協会を紹介頂きました(千葉の工務店)等の問い合わせが増えており、また、東北や関東地区でジャパンホームシールド様からの依頼検査も増えています。残念ながら関西地区はまだ、依頼が有りません。

 依頼がくれば、又、お頼みすると思いますので、その節は宜しくご配慮をお願い致します。

 事務局  谷村
Posted by 全国雨漏検査協会事務局 谷村 at 2008年05月12日 10:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。